Gコード

Gコード

【G43,G44,G49】工具長補正

ATCが搭載された機械の場合、取付長の違う工具を複数本使用して加工を行います。その際に工具長の違いを補正してくれるのが工具長補正です。工具長補正の使い方は、機械の機能や会社の方針などで色々とやり方が違うと思うので、ここでは考え方の説明をし...
Gコード

【G90,G91】絶対座標指定、相対座標指定

工具の移動を絶対座標を使って移動するか、相対座標を使って移動するかを指定します。工具の移動方法には2種類あって、この座標に移動しなさい(絶対座標)という方法と、今いる位置から幾つ移動しなさい(相対座標)という方法があります。これを使い分け...
2020.04.05
Gコード

【G17,G18,G19】平面指定

円弧補間、工具径補正などを使用する際に、どの平面を使用するかを指定します。平面指定とは、どの方向から見た形状かを機械に教えてあげる、という意味があります。どの方向といっても、視点は3方向からです。各軸の(+)方向から(ー)方向を見たときの...
2020.04.05
Gコード

【G98,G99】復帰点レベル

穴加工の固定サイクルと合わせて使用します。穴加工終了時の工具の戻る位置を、イニシャル点復帰にするかリファレンス点復帰にするかを決めます。はい、イニシャル点とかリファレンス点とか出てきました。何のことかわからないですよね。簡単に言えば、イニ...
2020.04.05
Gコード

【G73,G80,G81,G82,G83】固定サイクル

固定サイクルとは、よく使われる加工を1ブロックで出来るようにしたGコードです。穴加工などで使用します。G98、G99と合わせて使用します。ここで紹介する以外にも、まだ沢山あるのですが小型CNCフライスで使用しそうなのはこれくらいだと思いま...
2020.04.05
Gコード

【G40/G41/G42】工具径補正

工具径補正とは、NCプログラムで指令した座標より刃物の半径分(登録した値)ずれた軌道で動かす為のGコードです。工具径補正を使用していない時の軌道は、刃物の中心がプログラムの座標で動くので、実際に加工する場合は図面寸法から刃物の半径分ずらし...
2020.04.05